FC2ブログ

MG Hi-ν ガンダム "Ver.Ka" ①

みなさん、こんにちは
最近、このブログを立ち上げた時と同じ位、模型に対してテンションが高まってます。
なんせ職場に暗い雰囲気が漂っているので、その分好きな事に対しては
テンションアゲて行かないとな~と思ったりしてます。
どうやら、子供曰く「その職場には"ドンヨリーヌ"か"ネガティブーン"が住み着いているんだよ!!」
だそうです。お~なるほど、これが世を騒がせている"何でも妖怪のせい"ってヤツか。。。

幸いにも我が家には妖怪は住み着いていなそうなので、その間に次の制作に入りたいと思います。
今回は気合を入れまして、大型キット・MG Hi-ν ガンダム "Ver.Ka"を制作します。
141017-04
昼休みにヨドバシで注文したら、その日の夜に持ってきてくれました。ネット通販ってスゲ~
発売は2014年8月 7000円にて発売
今回のリファインは、デザイナーの出渕 裕氏が最初にデザインしたスタイルを
カトキハジメ氏が絶妙にリファインした物です。
前回のMG Hi-ν ガンダムは出渕氏が、スタイルを全く変えての大幅リファインでした。
あれはあれで非常にカッコイイ物でしたが、やはりHi-ν ガンダムと言えばこっちのスタイルの方がしっくり来ますね。
で、このスタイルのHi-ν ガンダムには、ちょっと思い出が有りまして。。。

続きは↓をクリックして下さい。
141017-06
この画像は、15年前(1999年10月22日)に使い捨てカメラで撮影した写真を、スキャナーで取り込んだ物です。
キットは、B-Clubの1/100 Hi-ν ガンダム。レジン製でいわゆるガレージキットって物です。
価格は確か24800円だと思います。たかっ!!
それで、なにが思い出かと言いますと、当時は制作時間が限られていて、さらに残り時間僅かって所で
大風邪を引いてしまい、ボ~っとしながらも作業をした結果、仕上げがとんでもなく荒くなってしまったのです。
さらに、ガレキなので細かいパーツ分割などなく、塗り分けは全てマスキング。
そんな中、盾のマスキングテープを剥がす時、離型剤の処理が甘かったみたいで
テープごと塗膜がペロリ。。。などなど、15年経っても当時の制作状況は鮮明に覚えています。
今でこそイイ?思い出ですが、その時は本当~に倒れそうでした。

なので、今回のMG Hi-ν ガンダムは、当時のリベンジと言うか
トラウマを払拭するための制作になればいいかな~って思っています。

141017-05
せっかくなんで思い出写真をもう1枚。
後ろに物凄い雑にファンネルが放置されてるw
フル装備の写真が無くて残念です。確か撮ったはずなんですが。。。
まだ制作していないので写真だけの比較ですが、今回のMGはよりマッシブですね。
当時のキットは意外と細いな~。もっとマッシブかと思ってたんですが。。。
15年で記憶が置換されたかな?

141017-03
さらに家の押入れを漁ったら、こんなのを発掘して来ました。
こちらは1/144のHi-νです。
フルアクションって記載されてますが、当時のポリキャップやボールジョイントで
ポージングを取らすのには、かなり無理が有ると思います。(1/100がそうでした)

今回のMGの青はほぼ紫ですが、僕のイメージはこの水色です。
まだどうするか決めてないが、多分この水色で塗装すると思います。

長々と思い出話にお付き合い頂きありがとうございます。
次回、まずは仮組みですね。
完成まで長い道のりになるでしょうが、気が向いた時にでも除いて見て下さい。
それでは、また~

スポンサーサイト



テーマ : ガンプラ制作
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pety

Author:pety
好きな事を好きなように楽しむ!!
をモットーに活動しています。
当ブログはガンプラや
フィギュアの制作記です。
2020冬のワンフェスにディラー名
"フリー フォーリン"として参加予定。

完成品
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
twitter
ワンフェスタイマー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR