FC2ブログ

オレンジペコ (ガールズ&パンツァー) フィギュア制作 No.30 塗装編

みなさん、こんにちは

前回の記事でお伝えした通り、ちょい長めの(4日)有休を会社から頂き
ひたすら塗装作業に集中した結果。。。無事?2体共に完了いたしました。
いやはや、この休みが無かったら完全にアウトだったな~ サンキュー会社!

今回は、前回で記事に出来なかったペコさんの塗装工程の続きです。

170206-01
エヴァオレンジ 4 + イエロー 1 + ウッドブラウン 2 + クールホワイト 3
こんな感じで調色したオレンジ系の色で、毛先や溝などを重点的に塗装して
上の色にイエロー+クールホワイトを加え彩度(明度?)を上げた色で頭頂部などを塗装。
自分の作品の中ではかなりグラデーションを掛けたつもりなんですが
写真だと、どうしても色が飛んでしまってベタ塗りっぽくなってしまう。。。
ベタ塗りだったら2日も有れば塗装は完了してしまうんですがね~

続きは↓をクリックしてください。
170206-02
続いてはヴァイオリンの塗装です。
原型を制作中に考えていた塗装を試して見たいと思います。

170206-03
まずは、マホガニー 7 + ブラウン 3 を足した色で下地塗装。

170206-04
こんな感じで、濃い目の茶色です。
弓も一緒の感じで塗装します。

170206-05
続いて乾燥の遅い塗料(エナメルか水性かで迷いましたが、今回は水性を選択)で、上側を筆で塗装します。
水性が半乾きぐらいの時に、筆先やペーパーなどで木目を付けます。
そしてクリアーで仕上げ。。。と目論んでいたのですが、これが全くの失敗に!
まず、水性の乾燥が予想以上に早い(ラッカーとほぼ同等)のと、
筆で塗装するとメッチャ塗膜が厚くなり、せっかくのディテールが埋もれてしまう、
などの問題点が発生しました。
一応この状態でクリアーを吹いて完成させて見たのですが、厚ぼったくなり結局ドボン。。。

170206-06
これが、上側を塗った状態。
感じは出てますが、モールドが埋もれてたり、厚ぼったい感じが出ているのでNGに。

なので、作戦変更。
170206-09
下地までは一緒で、上側もエアブラシ(下地色+エヴァブラウングレー)で塗装する事にしました。
先程とは違い、塗膜は薄めで、まだらな感じで上側を塗装。
筆ではなく、スポンジペーパーの240番で軽~くなぞり木目を付けて見ました。

170206-07
上の状態にクリアーブラウンを塗装。
なるべく中央部分を薄くしようと思ったのですが、失敗気味に。。。
しかし感じは出てるし、なにぶん時間的にもドボンは無し。

170206-08
最後にクリアーを厚吹きして、ネックなどを乗せて見ました。
うん、イイんじゃないでしょうかね。この塗装は突き詰めればもっと良い物が出来そうです。

170206-10
続いてボタンパーツ。
ボタンは全て後ハメ出来るので、塗装もマスキング無しで楽です。
金色なので、黒→銀→クリアーイエロー+オレンジの
ガンプラモデラーならお約束の所謂”百式ゴールド”です。

170206-11
あれ?違~~う!!
ボタンにこの金色、全く似合わ無い。。。
なので、メタリックカラーのブラスで塗り直しました。

170206-12
全ての塗装終了~!
この後、各所にスミ入れを施し、残すはアイペイント。。。

170206-13
ちなみに、ここまでで使用したラッカーカラー全員集合です。
普通に塗れば、多分10色くらいで済むのかな?

170206-14
超絶苦手なアイペイント。しかし回避は不可なのでバトル開始です。
前回はアクリルガッシュなる塗料を使用したのですが、今回はエナメルで挑戦。
理由は、クリアーが有るのと乾燥がエナメルの方が遅いからです。
まぁどっちで塗っても劇的には変わらないですがね。。。

写真の100均で購入した”使い捨てパレットが”今回も活躍してくれました。

170206-15
いきなりではなんなんで、まずは練習。
練習の結果、かなりやばい感じですが、時間も押しているので本番スタート。
こげ茶でまつ毛・瞳の輪郭・瞳孔などを書きます。

170206-16
ブルー・クリアー・ホワイト・レッド・ブラックなどを足した引いたで瞳の中を塗装。
ここなんですよね~問題は。
自分が上手い!!っと思っているモデラーの方は、
この部分がなんだか印刷したような、絶妙なグラデを筆+エナメルで表現しているんですよ。
本当にアイペイント教室を開いて貰いたいくらいです。(その前に自分でも修行します)

170206-17
白を乗せて、眉毛を書き込み終了。
アイペイントは一切手を抜かず、時間を掛け全力で塗って見ました。
なのでこれが今の限界です。こりゃ原型制作同様ひたすら修行ですな。。。

最後にトップコートを掛けて終了です。
自分のトップコートの配色は、クリアー8~9にクレオス社のフラットベースなめらか・スムースを
1~2の割合で混色した物を、軽~く表面に使用しています。
なめらかって言うだけあって、やわらかな感じのつや消し面が出せます。
(特にサフレス塗装の肌には丁度イイ感じではないでしょうか?)

長くなってしまいましたが、以上でペコさんの塗装工程は終了です。
この後、間髪入れずプレネールさんの塗装に入りました。
プレネールさんの方は、簡単ですが後程記事にしたいと思います。

まだ、色々作業が残っているので急げ、急げ~って感じで日々を追われています。
それでは、また~
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やはりバイオリン造形いいですな!木の表現塗装とかすると特に映えますね!
後二週間ですががんばって!

今回は私も訪問する予定なのでよろしくお願いします!><

Re: No title

JUNROさん、こんにちは

> ヴァイオリン
原型を制作していた時はどうなるかなぁ~と半信半疑でしたが
塗装したらそれっぽくなってくれて良かったです。

当日は卓の方でお待ちしていますので、是非生でご覧くださいませ~

ではでは
プロフィール

pety

Author:pety
好きな事を好きなように楽しむ!!
をモットーに活動しています。
当ブログはガンプラや
フィギュアの制作記です。
2018夏のワンフェスにディラー名
"フリー フォーリン"として参加予定。

完成品
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
twitter
ワンフェスタイマー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR