FC2ブログ

ミオ&15式2型 インスト+α(サメ編)

ミオ+15式2型のインストに+αして解説します。
今回はサメ編になります。インストと重複してますが、より詳しく解説します。

190805-01
複製が常温手流しなので、どうしても気泡を逃がすゲートが派手に残っております。
特に本体の赤いラインは大きいので、しっかり取り除いて下さい。
頭パーツと接合すれば、全く目立たない箇所なので、多少雑でもOKです。

続きは↓をクリックして下さい。

190805-02
型の破損により、赤丸部分が埋まってしまいました。
平彫刻刀などで取り除き、パーツがはまるように処理して下さい。

190805-03
胴体タンク部分。
インストにも書いていますが、より詳しく解説します。
分かりやすいため原型を使用しました。

・この箇所は全て左右非対称パーツなので、混合しないよう注意して下さい。
・まずタンクを胴体に接着します。→・写真1のパーツをタンクと胴体に合わせ接着。
→・写真2のパーツと写真3のパーツが、それぞれの位置でしっくり合わさるように接着。
先に2を接着してしまうと、3のパーツが合わなくなる場合が有るので、
しっかり位置決めをしてから、両方を接着して下さい。(分かりづらくてスイマセン。。)

190805-04
(指が邪魔ですが)写真のように隙間無く合わさる事が出来ます。
この箇所がずれると、あばら装甲パーツが上手くはまりませんので注意して下さい。

190805-05
あばら装甲パーツは順番と位置があります。
モールドが上に来るように配置して、右から・平ら→・ちょい斜め→・結構斜め
の順ではめ込みます。写真をよく確認して下さい。

190805-06
尻尾パーツ
順番、方向、が有りますので間違わないよう注意して下さい。
赤矢印のダボが目安になると思います。

190805-07
尻尾をしなる様に接合するため、接合部が凹と平らになっています。
ゲート跡を彫刻刀で取り除き、しっくりはまるように処理して下さい。
この写真は、それぞれ胴体側となっております。
左から ・ちょっとだけ平らな凹 ・小さいテーパーが付いた凹 ・平ら

190805-08
上の写真の反対側です。
左から ・平ら ・テーパーが付いた凹 ・尻尾の先がはまるくらいの凹

190805-09
接合するとこんな感じになります。
ただしこれは自分の作例ですので、必ずしもこの形状じゃくてもOKです。
変更する場合はそれぞれの接合部を調節して下さい。



インストの分かりづらい箇所を補足しました。
残りの組み立ては、さほど難しい箇所は無いと思うのでインスト通りに組み立てて下さい。

ミオ+15式2型をお買い上げ有難うございました。
組み立ての際に分からない事がございましたら、ご連絡頂ければフォロー致します。



スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pety

Author:pety
好きな事を好きなように楽しむ!!
をモットーに活動しています。
当ブログはガンプラや
フィギュアの制作記です。
2020冬のワンフェスにディラー名
"フリー フォーリン"として参加予定。

完成品
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
シンプルアーカイブ
Lc.ツリーカテゴリー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
twitter
ワンフェスタイマー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR